国土交通省・静岡県・静岡市等の公共事業及びJR関連工事なら静岡市|伸栄建設株式会社

国土交通省、静岡県、静岡市等の公共事業及JR関連工事の土木工事を承っております。

Blu

ホーム ≫ 社内雑記 ≫

伸栄建設株式会社 ~社内雑記~

ICT建機を使用した施工

お世話になります。伸栄建設㈱の森です。

今回はICT施工記事の第2弾としまして、「ICT建設機械を使った施工事例」を
紹介します。

今回使わせていただいた建設機械がコマツの「PC200i」という
ICT対応の建設機械です。
キャプチャ ICT建機_コピー


・そもそも、「ICT建機」とは何か?
通信技術が高度化してきた昨今では、それを産業の幅広い分野で活用しようとする
施策が活発化してきました。土木業界も例に漏れず、現場とデータをリンクさせる
事によって施工性や安全性の向上を図りました(ICT施工)。その中で生まれたのが
「ICT建機」です。

具体的に何ができるのか?どのような特徴があるのか?
PC200iのカタログにはこのような説明があります。
PC200iはGNSSアンテナとGNSS補正情報から得たバケットの位置情報と、3次元設計データをもとに、作業機操作をセミオート化したマシンコントロールショベルです。バケットの刃先が設計面に到達すると作業機が自動的に停止。微操作しなくても刃先が設計面に沿って動くため足元まで簡単に掘削作業ができます。
(コマツ PC200i-11カタログより)

つまり・・・
・建設機械が「自分の位置情報」と「設計データ」を認識した事によって
 丁張や手元作業員が不要になり「施工性」「安全性」が向上。
・建設機械の作業装置が半自動化した事によって、オペレータの操作技術を
 アシストすることによって「施工が均一化」しました。

弊社の現場ではこのような光景が見られました。
IMG_0270[1]
法面が見辛いので線を入れてみます。
InkedIMG_0270_LI
通常の施工では法面の肩や天端に丁張を作り、それを手元作業員が調整を機械オペレータに伝えて土工の設計形状を作っていきます。このICT建機を使った現場では丁張、手元作業員もなく土工の形状を作っています。

この現場では熟練のオペレータさんがICT建機での施工に従事していました。最初のうちは新しいやり方に戸惑う場面もありました。しかし「周囲に手元作業員や丁張が無いという事」が施工性と安全性を確保しながら重機作業ができたと思います。

これから新しい技術や機械がどんどん進化していきます。今回の現場で分かった事「使う物」が変われば「使い方」や「やり方」が変わり。また、違う知識を身につけなければいけないんだ。と実感できた現場でした。結局は使う人次第で色々な工夫ができるという事なんだと思いました。
2020年06月05日 14:04

病自口入 禍自口出(病は口より入り、災いは口より出ず)

病自口入 禍自口出(病は口より入り 災いは口より出ず)という漢文があります。
一般解釈では
 「余計な一言は自分に悪い事を起こすので注意しなさい。」
という主旨を持ち、その意味を強く持たせるために「病気は口から入り」という文章が添えてあります。

この漢文を「病気」に焦点を当てて解釈すると…
「(口から出た咳や唾によって)不特定多数の人に病気をうつす事によって
大きな災いになってしまう(災いは口から出る)」と解釈できます。

正しい使い方ではありませんが、解釈の仕方によっては違う意味になり
とても面白いと思いました。今の状況下でこその解釈の仕方ですね。

さて、話は変わりますが
弊社では、新型コロナウイルス対策への取り組みとして二つの事をやっています。
1.出社時に赤外線の体温計で熱を測る。
2.出入口にアルコールスプレーを設置して入出時に使用する。

↓体温を測り、用紙に記入
Inked1588815702068_LI
↓社屋へ入出する前に必ず手に吹きかける
1588815712725_コピー_コピー
できる事を自分達ができる形でやっています。
2020年05月01日 11:12

ドローン、飛ぶ

 お世話になります。
伸栄建設㈱の森です。

令和元年度 一級河川油山川緊急災害防止対策工事にて
UAV(ドローン)による起工測量を行いました。

弊社で初めてのICT活用工事という事で不安な点が多々ありましたが
ようやくスタートできた、そう思います。

ジフ ドローン1
↑ドローン、テイクオフ 高度35mまで5秒
ジフドローン2
↑お分かりいただけただろうか・・画像左上に白い点が・・




ジフドローン2加工 (1)
↑オレンジ色の円の中をご覧ください。見つかりましたか?

一体、ドローンを飛ばして何をしているか?と言うと
「地表の写真を連続で撮っています」

↓こうして、出来上がった物がこちら オルソ画像といいます。
(クリックで拡大できます)
オルソ画像_1

これを写真同士の視差や陰影から奥行き(高さ)をつけて
3次元点群データと呼ばれる「立体座標」にしていきます。

油山点群画像
↑これが3次元点群データ(のキャプチャ画像)です。
(クリックで拡大できます)
360度様々な角度から疑似的な現場を眺める事ができます。

油山現況点群データ2
↑角度を変えて見ることができます。(クリックで拡大できます)
整地した重機械の轍の凹凸もはっきり確認できます。
でも一つ一つの点(位置、高さを持った座標)の集合体なんです。

言い換えればデジタルの点描画ですね。
今回紹介した技術は土木ICT活用技術の一握りに過ぎません。
今後も紹介していく予定なのでお楽しみに!

 
2020年02月18日 11:02

~伸栄建設㈱社内雑記、始めます~

 
 お世話になります。
伸栄建設㈱の森です。

「めぐるりアート静岡展2019」の記事が好評という噂を耳にして
他にも何か記事にできる事が無いかな?と考えた次第で
伸栄建設株式会社ホームページでの雑記欄を設ける事にしました。

以後も宜しくお願い致します m(_ _)m

概要としましては社内雑記という事で
・伸栄建設に関係がある事
・内容は特に決めない事
・記事を書く時は肩の力をに抜いてリラックスする事
この3点の方針でやっていきたいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 と いうわけで喜ばしい報告があります。

今年の4月、弊社に新入社員2名入社します❕❕

静岡県立科学技術高等学校から一人
静岡県立農業高等学校から一人

4月から新しい仲間が入るという事で
社員全員で歓迎したいですね。

詳細は追って記事にしたいと思います。
 
2020年02月07日 11:04
伸栄建設株式会社
〒421-1211
静岡市葵区慈悲尾67番地の1
TEL: 054-278-1833
[営業時間] 8:30~17:30

モバイルサイト

伸栄建設株式会社スマホサイトQRコード

伸栄建設株式会社モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!